<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

#56残雪 Melting snow

寒い冬に白い石けんが使いたいなぁ、と冬になってから思い(遅い)作った石けんです。

==#56 残雪 Melting snow  =====================
2009年1月作成 室温18℃ 湿度60% 
450Gバッチ(牛乳パック) 鹸化率90% 水分35%
45℃攪拌開始~3時間15分(ライトトレース)~保温36時間~27時間後カット
f0195715_10154529.jpg
椿油35% スイートアーモンド油20% 米油10% ひまし油5% シアバター2% 
パーム油10% パーム核油18%
ラフィノース ホホバ油 コンフェ石けん#21
〔精油〕ラベンダー フランキンセンス スペアミント フェンネル エレミ

======================================

牛乳パックからはがすのがちょっと早かったらしく、(なんだかんだ言って待てない自分)
周りがぼそぼそだったのでカットしました。いつもよりちょっと小ぶり。

「白」をイメージしての香り付け、
自分にしてはうまくいった!と喜んでいたのですが、
どうも、予定よりスペアミントがやや強いです。
精油のブレンド、まだまだ難しいなぁ。


真っ白!の石けんにしたかったのだけれど
f0195715_10352225.jpg
こらえきれず、紫コンフェも投入。


ひっそり追記(’09.03):
予定よりミントが強くなってしまったけれど、好きな香りです*^^*
ラベンダー&ミント、っていいわぁ。
この石けんを泡立てるとまさに「洗う」といった感じで、
気分や空気まで、ふっ、とリフレッシュされます。

泡立ちもよいです。
ただ、髪に使うとふわふわの仕上がりになっちゃうんですよね。
私の髪にはやっぱりオレイン酸ばっかりの石けんがいいみたいです。
リノール酸が加わった泡の感じ、好きなのになぁ!



※今回実験的に温度やら時間やら、細かいデータ?も載せてみました。
「今回はたまたまこんな感じで作りましたよ~^o^♪」って気楽に書いちゃったんですが、
こういうの、どう思われますか?
作ってる方の参考になればいいなぁ、
そしてご意見もらって自分も勉強できたらいいなぁ!笑 と思いつつも、
初心者が事細かく載せても大丈夫なのかな?と思ったり。

よかったら、いろんなご意見聞かせていただけるとありがたいですm(_ _)m
(興味深いよ~とか、まだ載せないほうがいいんじゃない?とか・・・
コメントに書き辛かったら←サイドバーのアドレスからメールでもお待ちしてます!
ってお手数かけてすみません・・・)

[PR]
by mimysoap | 2009-02-21 11:03 | soap 2nd

苛性ソーダ水×浸出油の色の変化・ローズマリー&セージ

ローズマリーとセージの浸出油で石けんを仕込みました。
「ひょっとして・・・?」と思い、苛性ソーダ水と合わせる前の油の写真を撮っておいたら、
案の定、すごい色の変化。(ぐっじょぶ、私!笑)
f0195715_7171059.jpg
ローズマリー・セージの浸出油(2/20追記:2つのハーブを温浸出する時、
余っていたローズマリーのエタノールチンキも加えてアルコールを飛ばしたものです)



f0195715_7172118.jpg
浸出油meets苛性ソーダ水
なんで茶色?どっから出てくるの?


f0195715_7175183.jpg
そして10分ほどでライトトレース。早。


f0195715_7182089.jpg
型入れ前。濃いサーモンピンクオレンジみたいな色でした。




↓この下に保温後の画像もあります。
が、かなり汚い美しくない画像なので、
心臓の丈夫な方で興味がある方のみごらん下さい・・・。

More→24時間保温後の沼画像へ
[PR]
by mimysoap | 2009-02-18 07:58 | 石けん仕込・熟成中

苛性ソーダ×糖分の色の変化

濁り酒を使って石けんを作りました。
f0195715_10132011.jpgこれは精製水&煮切った濁り酒、に→
苛性ソーダを加えたところ。
真っ黄っ黄~!色です。
苛性ソーダ水にはちみつ等の糖分を入れると
黄色になりますよね。(なんで?)
いつも不思議で、そしていつも
「この色、消えるかな?」と不安になるので、
私にしては珍しく作っている途中の写真を撮ってみました。

ということで
1.苛性ソーダmeets濁り酒&精製水
の写真→

f0195715_10134737.jpg

←2.苛性ソーダ水meets油
攪拌開始の時の色。
オレンジジュースみたいな黄色。
こんな色の石けん作りたいんじゃないの。
消えてね~~っ!


f0195715_10142076.jpg
3.攪拌20分後
ヤクルト以上マミー未満?みたいな色


f0195715_10143375.jpg
4.2時間後
ほぼ白っぽいクリーム色


f0195715_10144893.jpg
5.3時間後
やった!ほぼ白!くなりました。
トレースも出てめでたしめでたし。




・・・だったのですが、その後のデザインに失敗しました!;∇;やーん
姪っ子の小学校入学祝いのつもりだったので、更にショック。
・・・石けんはやめて、何か買って贈ろうっと。
(だってまた失敗したらイヤだもん!笑)
[PR]
by mimysoap | 2009-02-15 10:36 | 石けん仕込・熟成中

壜に残った精油・ベースノートの流行

精油って、石けんを作るのに使った後なんか、壜の中にいっつもちょびっと出きらなかった人たちが残ってますよね?
いつも「もったいないな。どうしよかな?」と捨てきれずに意味もなくそのまま並べておいたり(←モノを捨てられない人)してたんですが・・・。
さすがに溜まる一方で場所を取るので、処分がてらにちょこちょこ使い出しました。

f0195715_12412242.jpgまずは、
1.精油をあらかじめブレンドする時にその壜を使う
(って、結局そのブレンドを使った後にも残るわけで、解決になってないじゃん-_-;)
2.スーパーファットでホホバ油を入れるとき、壜をホホバ油でゆすいでから入れる
(でもねー、これ、あんまりすすげてる感じがしないんだな・・・)
それから、
3.エタノールでゆすいで精製水で薄めて、
なんちゃってオードトワレにする
これ、結構気に入っています!
(これも2,3回とゆすいでも、まだ香りは残っていますが・・・)
更にグリセリンも足してボディ用化粧水として風呂上りにシュパシュパしたりするとチョー気持ちいい!う~んゼイタク~*^^*


それから、これを書いていて思い出したんですが。
(「流行」という言葉は変かもなんですけど・・・)

私の場合、たとえばレモンやユーカリ、ラベンダーなんかの
トップノート、ミドルノートの精油の香りの好き度はあんまり変わらないのですが、
ベースノートに限って好みが定期的に変化するみたいなんだす。
すっごく好きだったのに、気がつくと「う、もう、いらない・・・」ってなる・・・。
おなかいっぱい食べ過ぎた?、みたいに。

ちなみに私の場合は、
フランキンセンス→ベチバー→ジャーマンカモミール、と来て、
今はサンダルウッドにものすごく癒されてます。
なので今オードトワレもヘアオイル(椿油&ホホバ油)もサンダルウッド入りで、
残り物の福を堪能中~*^^*ええ匂いだぁ~

こんなにいい香りなのに、これもいつかは「う、いらない・・・」ってなるのかなぁ?
不思議だのぅ。
[PR]
by mimysoap | 2009-02-09 13:22 | 石けんまわり

#55AGATHA りんごづくし石けん

==== #55 AGATHA  =========================
f0195715_1154157.jpg2009年1月作成 鹸化率92%

りんご果皮浸出オリーブ油
ココナツ油
パーム油
シアバター
ひまし油

りんごの芳香蒸留水(皮ごと蒸留)

(皮ごと)煮詰めたりんご
はちみつ

(精油なし)

======================================

「りんごの香りが残る石けんが作りたい!」と始めたりんごシリーズ(いつから?)の
りんご3部作(その1その2)のトリでございます。

前2作はりんごがどっかへ行ってしまった(自分でどっかへやってしまったとも言える・・)
ので、ストレートにりんごで勝負(?)してみました。
オリーブ油にりんごの皮を浸け(温浸出)、水分全量にりんごの自家製芳香蒸留水、
トドメに煮詰めたりんごも入れました。
これでどうだっふんっ=3(なぜか鼻息が荒い)

 (芳香蒸留水のPHが弱酸性だったので、悩みに悩んで、
  鹸化率、いつもより2%だけあげてみました。)


f0195715_1272754.jpg煮詰めたりんごを入れたからか、
石けんのお肌がまだらです。
←色は、こちらの方が実物に近く、
結構白っぽい、赤ピンク色。

って私的には色はいいんです。
問題は香りですよ。
くんくんくん。
・・・・・・。!
遠くに、かすかに、これは、
カモミールの匂いだ!
黙ってさーさんにも嗅いでもらいました。
「カモミール?」
やっぱり!そうだよね?
カモミールがりんごの匂いってホントだったんだ!
(↑話がちょっと違ってきている)


りんごの香りのする石けんになったかはちょっと「?」ですが、
ほんのり、ほんの~~りカモミールの香りのする石けんが出来ました。
ま、ここまでやったので自分としてはもう満足です。


蛇足ですが、AGATHAという名前は、アガサクリスティーから。
(私、クリスティー大好きなんです。)

クリスティーにはアリアドニ・オリヴァーという女性推理作家がいくつか登場する作品があるのですが、
彼女がりんごを食べている描写がちょくちょくあります。
クリスティー自身もりんごが好きだったらしく、
バスタブに浸かってりんごをかじりながら作品の案を練ったりしていたそうです。

ということでこの石けん、イギリスでも使えるように、
ほんのちょっとだけ硬水寄り?のレシピにしてあります。うふ。

ひっそり追記(’09.03):
泡立てると、かすかに甘くて爽やかな香りがします!
ほのか~に、かすかに、だけど確実に。
出来上がった時点ですでにごく弱い(カモミール似の)香りだったので、
使うときの香りは期待出来ないかな、と思っていたので嬉しい驚きでした。
泡立ちも程よいです。
りんごづくし石けん、もう満足かな?と思っていたのですが、
これはひょっとすると、ひょっとする、かも?^^

[PR]
by mimysoap | 2009-02-07 12:39 | soap 2nd

快晴~♪

雲ひとつない、今日の空です。↓
f0195715_12363756.jpg

天邪鬼な私なんですが、今日ばかりは私も快晴~♪
ばんばん洗濯しました。

空と言えばなんですけどね、
下の2枚は今日撮ったものじゃないんですが。
写真撮ってる時は気づかなくて、後から気づいたんですけど。


ほらほら。何かに見えません?
f0195715_12364927.jpg
がおー!


ほらほら、大きな口をあけて、珠をつかむように指を広げているような・・・
f0195715_1237881.jpg
龍かもだぞー。がおー!


「おぉっ龍じゃない?これ!」って思ったんですけどね。
龍に見えません?ちょっとファニーフェイスだけど。笑
[PR]
by mimysoap | 2009-02-01 13:04

〔HN:みかん〕趣味の手作り石けんのことを中心に日々のこと。九州育ち・関東在住


by mimysoap

プロフィールを見る

記事ランキング

カテゴリ

handmadesoap 5th
soap 4th
-4年目リスト
soap 3rd
-3年目リスト
soap 2nd
-2年目リスト
soap 1st
-1年目リスト
skin care
health care
housekeeping
石けんまわり
石けん仕込・熟成中
stamp,wrapping
独断、石けんのキホン
リバッチ
profile

検索

以前の記事

2013年 08月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

外部リンク

お気に入りブログ

masara tea
手探り手作りコスメ日記
あおらんらんな一日
Wie geht's?
* 晴れの日も、雨の日も *
半畳ガーデニング

その他のジャンル

 
ASPアクセス解析