<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

#158 Herb Candy

f0195715_12442660.jpg
初めて豆乳入り石けんを作りました。
ぐるぐる開始30分で豆乳を投入(お約束)したら、
ものすごいアンモニア臭にびっくり!
型出し、カットしたらアンモニア臭は落ち着きました。
 
f0195715_11461069.jpg
ネーミングは香りから。
ハーブキャンディみたいな、爽やかで甘いいい香り。 
ユーカリとペパーミントの組み合わせが最近お気に入りです。
ユーカリ、これはラジアータを使いましたが、
ラジアータの柔らかな香りも、グロブルスのガツンとした香りもどっちも好き。
ちなみに他のは知らない。笑
ユーカリのケモタイプって一体何種類あるの??

f0195715_11463974.jpg
 ・・・・・・・  recipe  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・
オリーブ油(番茶浸出)70% パーム核油20% ココナッツ油10%
豆乳 てんさいオリゴ糖
〔精油〕ユーカリ ペパーミント ローズマリー ひのき フランキンセンス  (鹸化率93%)
 ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・
 
写真、3枚も載せたけど、どれも気に入らないナリ。むーん。
 
[PR]
by mimysoap | 2011-09-17 12:57 | soap 4th

#156 Caravan(じゃなかった) +使用感追記

f0195715_4251715.jpg
大好きで、手作り石けんを始めるきっかけになった、前田さんのキャラバンの石けん。
オイル比率を今までとがらりと変えてみました。ガッチガチ、です。
使うのが、楽しみ。
 
 ・・・・・・・  recipe  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・
オリーブ油40% ラード30% パーム核油20% ココナッツ油10%
ホホバ油 ココアパウダー シナモンパウダー
〔精油〕ローズマリー レモン フランキンセンス  (鹸化率90%)
 ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・・
 
石けんを作ることが、出来上がった石けんが、その石けんを使うことが、
改めて、とっても好きです。
石けんがあるから、生きていける。
・・・というのはちょっと、言いすぎかもしれないけれど、
でも、そこに近いものは、けっこうある。
出会えたことが、しみじみ、うれしいなぁ。そして、ありがたいなぁ。ほんとに。

10月8日使用感追記:
  これキャラバンじゃありません・・・臭いですT_T
  ラード臭と、強すぎるローズマリーが相まって、何とも。
  おまけにパウダー2種の分量を減らしているのでシナモンのいい香りもしません。
  この石けんは香りが命なのに、大失敗です。
  ・・・あ、ガッチガチの使用感はいつもと全然変わりません、
  ていうかわかりませんでした^^;
  顔と体に使ったんですが、顔はさすがにちょっと乾燥するけど、
  体は全然問題なし。良くも悪くもない。ふつう。
  なんか、オリーブが多いのも、代わりにハードオイルが多いのも、
  結局洗浄力はおんなじくらいなのかなー、なんて
  勝手なことを思いました。
  こんど体用作るときはどんなレシピにしてみようかな。

 
[PR]
by mimysoap | 2011-09-12 04:51 | soap 4th

mata-re-batch

f0195715_1117026.jpg
透明石けん、リバッチしました。
◇#155◇は初リバッチ、◇#157◇は2回目。(↑写真は#157を5mmの厚さに切ったもの。)
 
f0195715_11172517.jpg
これは#155の1cm。1cmでも結構読めますよね?
う、うれぴいよぉ(T▽T)。
 
f0195715_11173536.jpg
光に透かしてみる。
黒いビーズも見えて、うれしい。
 
f0195715_11175060.jpg
こっちは#157です。左が1cmで右が5mmに切ったもの。
ちょっとにごってるけど、前よりは透明っぽくなった!
 
f0195715_1118299.jpg
1cmを光に透かしてみる。
にごってるけど、透けるので、とりあえず、よし!
 
なんか、リバッチしてみて、透明石けんのことがわかったような気がしているので、笑
この残暑中にもう一回、透明石けんチャレンジしてみたいです。
(そんなに作ってどうするんだ、ではありますが。)
とにかくしっかり鹸化!と、エタノールは低めの温度&ラップで逃がさない!がポイントかなぁ、と、
思ってるんですよねぇ。
透明石けんの作り方がバタバタした感じに見えるのは、ただ温度を下げないため、で、
鹸化がすむまでの高温と、鹸化がすんで、エタノール投入時の不高温?(エタノールの沸点より低いこと)、
さえ守れば、
そんなにバタバタしなくても、いけるよね?と思っているところです。
今のところは、ね。

ただ透明にするだけなのに、なかなか透明になってくれない、
透明石けんって、高嶺の花?ツンデレ?
作ってみたら、こんなに心奪われるなんて!恐るべし透明石けんだぜ。
 
[PR]
by mimysoap | 2011-09-06 11:42 | リバッチ

#157スランプ不透明石けん

f0195715_035819.jpg
また透明石けんにチャレンジして、また失敗しました(ーー;)
前回よりは手順が頭に入ってて、「ふんふんふーん♪」と作ったのに・・・
左から 左:常温、中:冷凍庫、右:両方をリバッチしたもの。約5mm厚。
透けてるか透けてないか、で言えば、透けてるっちゃあ透けてる。
でもなんか濁ってますよね?
作られてる方あちこち見に行ったんですが、もっと、キラーン♪としてらっさる・・・
 
f0195715_0352067.jpg
更に1cm厚に切ってみる。濁ってるし、全然透けてなーい。
(左:冷凍庫、右:リバッチ)
 
f0195715_0353278.jpg
ちなみにトレースはこれくらいでシュガーシロップ入れました。
もっといっちゃったほうが良かったですかね?
 
透明にするのがこんなに難しいとは思いませんでした。
皆さんするっとさくっとキラリン♪と透明作ってらっしゃるのに・・・
ちょっと落ち込んでます・・・。
なんか、決定的なところが、間違ってるんだろうなぁ。
でも明日から9月だし、もうリベンジは無理かしら・・・

 ・・・・・・・ 一応失敗recipe ・・・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・
ひまし油30% パーム油40% ココナッツ油30% 400gバッチ 鹸化率100%(NaOH61g、精製水120g)
(透明化剤)グラニュー糖94g グリセリン88g 精製水60g
       無水エタノール160g(120gと40g、2回に分けて投入)
 ・・・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・
開始温度:NaOH水70℃×油脂78℃
30分後:62℃ 湯煎で70℃以上に上げる
トレース(1時間後):77℃ シュガーシロップ投入
             湯煎で80℃まで上げ、保温箱へ
保温(約1時間):30分後と1時間後にかきまぜる
開始から2時間後:80℃ エタノール1回目投入
            湯煎せず、そのまま保温箱へ
   追記:自分で考えてみたんだけど、ここの温度が高すぎたんじゃなかろうか。
       エタノールの沸点は78.3℃らしいので、
       これじゃあエタノールを入れたそばからぶぁーーっと飛んでったのかも。
       沸点より下の温度に下がるまで待って、
       (下の65℃の時とかに)エタノールは入れれば良かったのかも~。

保温(2時間):1時間後にかきまぜる
         2時間後:65℃ エタノール2回目投入
型入れ(漉さずに)
 
もしここご覧の方で、「ここはこうやったほうがいいんじゃない?」っていうのがありましたら、
教えて頂けると、とってもありがたいです(涙) m(_ _)m
 
[PR]
by mimysoap | 2011-09-01 01:16 | soap 4th

〔HN:みかん〕趣味の手作り石けんのことを中心に日々のこと。九州育ち・関東在住


by mimysoap

プロフィールを見る

記事ランキング

カテゴリ

handmadesoap 5th
soap 4th
-4年目リスト
soap 3rd
-3年目リスト
soap 2nd
-2年目リスト
soap 1st
-1年目リスト
skin care
health care
housekeeping
石けんまわり
石けん仕込・熟成中
stamp,wrapping
独断、石けんのキホン
リバッチ
profile

検索

以前の記事

2013年 08月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

外部リンク

お気に入りブログ

masara tea
手探り手作りコスメ日記
あおらんらんな一日
Wie geht's?
* 晴れの日も、雨の日も *
半畳ガーデニング

その他のジャンル

 
ASPアクセス解析